底辺のえーあい勉強日記

人工知能が流行ってるらしい! 僕もやりたい! 専門書とかサイトは、何書いてるか分からん! とりあえず、分かったことを書いていく。 なるべく簡単な言葉で説明することを目指してみる。厳密な説明を求めている方には向かないと思います。 ガチ勢の人は、勘弁してください… 間違っている記述があれば、教えて頂けると助かります。 このブログの記事は、僕の勉強によってたびたび修正されます。書かれていることを鵜呑みにしないで下さい。 少しでも、あなたの勉強のサポートになれば幸いです。

AIがポーカー(テキサスホールデム)で、人間のプロに圧勝

f:id:Tomyuk:20180604035253j:plain

 

チェスや将棋、囲碁は

お互いに全ての意思決定の情報が分かります。

簡単にゆーと、

ゲームがはじまってから

お互いに全ての情報を知っている

とゆーことです。

このようなゲームを、

完全情報ゲームといいます。

 

一方、

ポーカーや麻雀などのゲームは

お互いに知らない情報があるので

不完全情報ゲームといいます。

 

人工知能は

その計算能力の高さから

完全情報ゲームについては

強くなるだろうと思ってました。

 

まさか、人間がポーカーで負けるときがくるなんて

 

ざっくり説明

 

2017年1月に

「Libratus」と名付けられたAIが

ノーリミットのテキサスホールデムで

人間のプロ4人と20日間戦い、

180万ドル以上のチップを集めました。

 

4人と同時に戦ったわけではなく、

1人1人と戦ったようです。

 

Libratusに使われた技は3つ。

①似たような役、掛け金を同じとみなす

②各場面で人間がどのようにプレイしたかを

計算して、戦略に組み込む。

③機械学習を使って、相手の戦略の

ミスを見つけて利用する。

 

まぁ、特別スゴいことをしているわけではなさそう

 

これからについて
 
ここからは
僕の意見になります。
 
次にやらなくてはいけないことは、
多人数でのプレイでしょう。
ポーカーの大会や、
カジノでプレイするときも
1対1で戦うことはありません。
 
多人数になることで
どれだけ計算量が多くなるかは
今の僕にはわかりません。
6人になったから、単純に6倍
ってな感じではないと思います。
 
それぞれの可能性の掛け算となると、
2人から6人になるだけで
計算量が5乗になるとゆーことなので
莫大な計算量になりそうです((((;゚Д゚))))

 

おわりに
 
不完全情報ゲームを
生業としている人にとっては
衝撃的なニュースだと思います。
株やFX、仮想通貨の短期トレーダーは
転職する必要があるカモ。
 
いや、
もうすでに、
あなたの隣に住んでいる人が
大金を稼いでいるカモしれません
 

なんか最後が都市伝説っぽくなってもーた

 

おーわり

 

最終更新:2018年6月6日

 

参考サイト

https://www.sciencedaily.com/releases/2017/12/171218091001.htm

https://gigazine.net/news/20170131-brains-vs-ai-result/