底辺のえーあい勉強日記

人工知能が流行ってるらしい! 僕もやりたい! 専門書とかサイトは、何書いてるか分からん! とりあえず、分かったことを書いていく。 なるべく簡単な言葉で説明することを目指してみる。厳密な説明を求めている方には向かないと思います。 ガチ勢の人は、勘弁してください… 間違っている記述があれば、教えて頂けると助かります。 このブログの記事は、僕の勉強によってたびたび修正されます。書かれていることを鵜呑みにしないで下さい。 少しでも、あなたの勉強のサポートになれば幸いです。

スタンディングデスクを、本棚と引出し式ケースで自作した&買う前にすべきコト

f:id:Tomyuk:20180606054934j:plain

 

ツイッターかニュースアプリか

何で見たのか忘れてしまったが、

スタンディングデスクが

仕事の効率を上げる

ってのを知った。

 

よくよくググってみると、

金融業界やIT業界を筆頭に

そこそこ使われているみたいだ。

楽天も使ってるらしい。

 

ずーーっと座っているときの

デメリットである、

腰が痛くなる

下半身の血の流れが悪くなる

みたいなものが無くなる

って書かれてあるじゃないか!

 

まぁ、物は試し

やってみるしかない(笑)

 

いきなり問題発生

 

さて、

いつもどおり

欲しいモノがあるときは

迷わずAmazonで検索ヽ(´▽`)/

 

したのはいいのだが、

そこそこな値段する…( ;∀;)

僕は身長が180cmなので

書き仕事なら105cm、

キーボードなら110cm

の高さのデスクが必要。

 

必要なデスクの高さは

以下のサイトで調べられます(*´∀`*)

 

高さが調整可能で

110cmまで対応しているもの

となると

安くても12800円はする。

 

物は試し

で買う値段じゃない(´・ω・`)

 

で、

冷静になったところで

もう1つの問題が見つかる(笑)

僕の部屋に

スタンディングデスクなんて

置く場所は無い!!!

 

この時点で

スタンディングデスクへの夢は

消えたように思いました。

 

まぁ、タイトルに

自作した

ってあるんで、

このあとの展開は読めちゃうんですけど…

 

本棚&引出し式ケース発見
 
僕の部屋には、
腰くらいの高さの本棚と
その上に引出し式ケースがある。
 
いける!!!
これなら、
お金かからんし、
置く場所の問題もない。
 
 

たしか、

本棚はニトリで買ったやつ。

そして、

引出し式ケースは無印良品のやつ。

 

無印良品の引出し式ケースは

上のAmazonリンクにあるようなやつ。

でも、

店頭のほうが、安かったように思う。

 

この本棚&ケースを見つけたとき、

その高さは103cmくらいだった。

理想の高さは110cmなので少し足りない。

とゆーことで、

10cmくらいのケースを

もう一段増やさないと(´・ω・`)

店頭にいくと、

ちょうどいい9cmくらいの高さの

ケースが売っていた。

たしか800円くらい。

Amazonには売ってなかった。

 

家に帰り、さっそく

今までのケースに1段追加する。

高さを測ってみると、

111cmくらいになっていた。

まぁ、これくらいなら文句はない(笑)

 

これで、僕も晴れて

スタンディングデスクデビューだ。
 
使ってみて分かったコト
 
結論からゆーと、
まったくいらねぇ(`・ω・´)
 
書くことに集中できないし、
立ってるのしんどいし、
机の面積が狭いし、
 
10分くらいで
いつものイスに戻りました(´・ω・`)
 
机が狭いってのは、
ちゃんとした製品を買ってない
僕が悪いので文句は言えません(笑)
でも、
集中できない&しんどい
ってのは、どうしようもない…
 
よくよく考えてみると、
僕は、
3連休とかで用事がないとなると
冬眠中のクマかっ(・(ェ)・)
ってくらいに引きこもる人間だった。
しかも、家にいるあいだは
ずっとイスに座ってて苦痛はない。
少し体が痛くなることもあるが
数時間に1回軽くストレッチすれば
何も問題なく過ごせる。
休日は、1日に14時間はイスに座っている。
 
どうやら、
立って作業することに
向いていないようだ(´・ω・`)
これは、やってみないと
わからなかったコトですね。
 
それでも…
 
スタンディングデスクについて
ググっているときに
僕にとっては
とてつもなく恐ろしい1文を見つけた。
 
1日に11時間以上イスに座っている人は、4時間以下の人に比べて、死亡のリスクが40㌫も高くなる。
 
なんかテレビでも見た気もするが
人間は気にしているコトしか
覚えていない生き物なのだ。
 
今回は、
ググっているときに見かけたので
しっかりと覚えた。震えた。
 
対策を考えてみた
 
今の時点での
スタンディングデスクのデメリットは
書くことに集中できない
ずっと立っているのがしんどい
の2つである。
 
2つのデメリットを解消しながら
死亡のリスクを避けることができるのは
読書時間の半分はスタンディングデスク
とゆー結論だった。
これなら書かない、疲れない、死なない!
完璧だヽ(´▽`)/
 
この結論に至ったのが
これを書いている数日前なので
試したメリット、デメリットは
書くことができない。
今のところ、特にデメリットはない。
電車に乗っているとき
立ちながら本を読んでるしなぁ
 
しばらくは
このスタイルでいってみようと思う。
 
おわりに
 
普段、立ちっぱなしの習慣がない人は
僕と似たようなデメリットを感じるハズ
ましてや、
スタンディングデスクを使っていて
疲れて姿勢が悪くなる
なんてのは、元も子もない。
 
家に導入するなら、
どこかで試してからがイイだろう。
もしくは、
立って本を読んだりできるか、
パソコンなどの作業に集中できるか、
などを自分に問いかけてみよう。
いきなり、今の机を撤去して導入
なんてもってのほかだと思う!
 
おーわり