なぜ「第二次AIブーム」は終わったのか

 

「第一次AIブーム」が終わった理由
については、下の記事にありまーす
まだ見てない。
あんま覚えてないわ。
って人は見てね ヽ(´▽`)/

なぜ第一次AIブームは終わったのか?AI誕生、誤算、そして衰退

第一次AIブームから改善された点

 

第一次AIブームが終わったのは
現実の問題に対応できなかったからでした

 

そこで、どこかの誰かが
「じゃあ、対応できるようにしようぜぃ!」
って、考えたんですね

 

そこで生み出された方法が…
ぽーーーーーーーん

f:id:Tomyuk:20180525153425j:plain

エキスパートシステムとは、
専門家の知識を、コンピュータに教えます。
そして、コンピュータに問題を解いてもらう。
簡単にゆーと、こんな感じです。

 

例えで、よく使われているのが、お医者さん。
普段、お医者さんがやっているのは、
患者さんの症状を聞き、病名を考えることです。
例えば、患者さんに
「3月10日から
くしゃみと、鼻水がでて、
目のかゆみもあります。
たまに、皮膚もかゆいんです。」
と言われました。
すると、
きたァァァ!スギ花粉やないかぁぁぁい!
って、お医者さんは、判断しますよね

 

それと同じことを
コンピュータにもさせようとしたのが
エキスパートシステムです。
専門家が持っている知識を
コンピュータに教えまくっていました

 

「第一次AIブーム」の頃は、
簡単なパズルや、迷路しか解けませんでした。
しかし、
エキスパートシステムによって
現実の問題に対応できるようになってきた!
これが、「第二次AIブーム」
ちなみに、1980年代に起こりました。

 

ところが、問題発生

 

専門家の知識をいっぱい教えていくと
ある問題が明らかになりました
それは、
専門家の知識が多すぎるコト。

 

つまり、
すべての知識を、コンピュータに
教えることは無理なことがわかりました。

f:id:Tomyuk:20180525161513j:plain

まぁ、なんとなく想像できたような…

 

無理無理。オワコンオワコン。
ってことで、
1995年頃に第二次AIブーム終了 ( ;∀;)

 

大勢の人が、無理。と判断しました。
しかしながら、
一部の人は、ありとあらゆる知識を
教え続けているようです (´・ω・`)

 

有名なところでは、
サイクプロジェクト
と呼ばれるプロジェクトが
30年以上も、続いているらしい。
(1984年に始まり、現在もやってる模様)

 

まーとーめー

まとめることないっす。

 

なんか、
記事もブームも
第一次と似たような終わり方…

 

でも、安心してください!
第三次AIブームなう。ですよ (゚∀゚ )
(2018年現在)

 

おーわり