「ニューラルポケット」の強みと諸々

 

上場後に、株価次第では詳しく調べることにします。

今は最低限のことだけで保留…手抜きがエグイ!!!

東証マザーズに上場

2020年8月20日に東証マザーズに上場予定です。

従業員数は32名で、ソフトバンクグループへの売上が全体の6割程度を占めている。

 

独自AIライブラリー

強みは独自のAIライブラリー。

一例として、単眼カメラでの奥行き認識や、天井カメラ·暗視カメラへ対応した物体認識アルゴリズムが挙げられている。

 

顧問に松尾豊氏

ソフトバンクグループの社外取締役である松尾豊氏が顧問になっている。

松尾さんについての、AI関連の業績については説明不要ですよね。

 

採用情報について

IPOの資金用途については、エンジニア等の採用に充てる、とされている。

ホームページでの採用情報を見てみると、正社員採用が基本とされている。

代表取締役社長について(20/11/6追記)

IT系の会社において、トップがその分野に長けていないことは、マイナスだと考える。

人工知能のビジネス面は理解していても、技術面をどこまで把握しているのか。

それによって現場のエンジニアとの乖離が生じてくる。

 

あまりネガティブなことは書きたくないが、マッキンゼーに入社し起業するのがステータスになる。しかも流行りのAIで!みたいな雰囲気だと感じざるを得ない。ファッション業界を中心にライフスタイルの分析を行うとのことだが、実際はゾゾを主としてソフトバンク系が躓くことになれば、長らく低迷するだろう。現時点では決算がでていないので、金銭面の判断はできない。

 

諸々のニュース