【NEC】トイレの利用記録システム!自動で排泄を検知し通知する

 

以下、ChatGPTの要約

NECプラットフォームズは、介護施設向けにエッジAIやIoT技術を組み合わせた「NECサニタリー利用記録システム」を発表し、これによって排泄の自動検知と職員への通知を実現します。このシステムは、介護施設の運営における効率化や業務負担の軽減、利用者のプライバシーの保護を重視した新しい取り組みとして注目を集めています。

具体的には、排泄を自動で検知することで、職員にはその情報が迅速かつ正確に通知され、必要な対応ができるようになります。これにより、トイレ付き添いや手書きの排泄日誌の作成といった業務負担が軽減され、職員はより質の高い介護に集中できるでしょう。また、利用者にとっても排泄の自立が促進され、プライバシーが保たれることから、より快適で尊重された環境が提供されます。

このシステムは、特別養護老人ホームでの先行導入において、職員の作業時間と精神的負担の軽減が確認されており、実用面での有益な成果を上げています。エッジAIとIoT技術を駆使し、排泄検知ユニットと制御ボックスから構成されたシステムは、トイレに後付けが可能で、施設内のトイレ空間をデジタル化します。

専用アプリを介して通知される排泄データは、プライバシーを重視して設計されており、光学センサから得られた情報はトイレ内の機器で分析され、必要最低限の加工が施された後に廃棄されます。そのため、利用者の同意を得た範囲でのデータ収集が行われ、安全性が確保されています。

背景として、少子高齢化の進展に伴い医療・介護の人材不足といった課題が深刻化しており、政府は持続的な介護制度の構築に向けて議論を進めています。このような状況下で、デジタル技術を活用した効率的な介護の実現が求められています。NECサニタリー利用記録システムは、そのような背景にマッチするソリューションとなっており、今後ますます需要が拡大することが期待されます。