「AI inside」 の強みと諸々

 

まだ情報少ないです。

調べるのサボってます。

主要サービス

独自のAIを利用した、光学式文字読み取り装置が強み。

オプションで、書類の自動仕分けもできるとのこと。

ハードウェアの開発、販売も。

人工知能の技術に関しては、ディープラーニング1本に絞っているとのこと。

各社に独自のハードを使わせるのは、日本でビジネスするうえではかなり商売上手ですね

 

取引先の企業には神戸製鉄など大手が多数。地方自治体も。

コロナの給付金の際にも、活躍した模様。

 

売上営利(21年1Q)

売上6.77億円

営利2.47億円

時価総額は現時点(11/7)で2500億円。

 

以下のリンクで、推移が見れます。

経営成績

 

現時点では成長を優先するために、無配を継続するとの発言あり。

 

AIコンサル兼AIリサーチャーの求人について

必要とされる技術は以下のボックスに

Python3

Airflow

Argo

TensorFlow

Keras

scikit-learn

年俸は700万円くらいから。

時給にすると2500円くらいだよん

 

代表取締役社長CEOについて

2004年から人口知能の研究開発を始める。

一般社団法人データサイエンス総合研究所の代表理事。

 

諸々感想

この手のサービスは価格競争に陥ると終わる。しかも、文字読み取りについては後発との技術差はほとんど生じない。

当社は独自のハードウェアを企業に利用させることで、乗り換えの可能性を減らしている。

一度使い始めると、保守的な大企業は乗り換えをしない。という病気をうまく利用できると思われる。